1. TOP
  2. 50代
  3. 遺言書の最強タッグ!ビデオ付き遺言の時代が来る?!

遺言書の最強タッグ!ビデオ付き遺言の時代が来る?!

 2017/11/16 50代 IT 相続 終活 遺言   303 Views
遺言7

相続問題で争いが起こらないようにと「遺言書」を用意したものの、自分の気持ちが十分に伝わるのかどうかが不安になる……。
そんな方もいるかと思います。

実際、遺言書が原因で、親族間でトラブルが起こる事例もままあることです。

本人が作成したものなのかと疑う人もいるかもしれません。
強制させられたのではないかとか、認知症を疑う人もいるかもしれません。

相続を円滑にするために有効な遺言書ですが、限界はあるようです。

 

伝えきれない想いを遺しておきたい

この十年の間に、相続トラブルは35%も増えているというデータがあります。
トラブルにならないための遺言書のせいで、それまで仲の良かった兄弟間にわだかまりができてしまうような結果になることもあります。

また、書面であるために、本人の意思が確認できず、疑いを持たれてしまったり……。

そんなトラブル回避の切り札としてビデオレター付きの遺言サービスが登場しています。

遺言メッセージ

映像で遺言を残すことで、その表情や言葉などから想いが伝わります。
また、インパクトが強く説得力もあり、遺族は受け入れやすくなります。

子や孫へ、自分の姿を遺しておけるのも、ちょっとしたプレゼントになるかもしれませんね。

法的拘束力はない

どれだけ強く自分の想いを伝えたとしても、映像だけでは法的な拘束力は一切ありません。

公正証書として作成した遺言書があってこその、ビデオ遺言だとご理解くださいね。

 

遺言メッセージサ―ビス

動画遺言を預かってくれるサービスもリリースされています。
プランによって料金は違いますが、平均して15万円くらいです。

専門業者

「つたえびと」では、シンプルなビデオや、ドラマチックに編集されたビデオなど、多種なプランが用意されています。
作成されたメッセージは、2拠点のデータセンターで保存され、本人が亡くなった後に家族へ送り届けられます。

相続専門士業

遺言書を取り扱っている各士業(弁護士・司法書士・行政書士」で、ビデオ作製のサービスをしているところもあります。
文書での遺言書を確実なものとするために、ビデオ遺言は大変有効だと注目されているようです。

 

「遺言書の最強タッグ!ビデオ付き遺言の時代が来る?!」のまとめ

死後、遺族へ向けた映像が残っていることは、家族にとっての心の支えになるでしょう。
また、その想いを伝えることで、相続争いを回避する効果も期待できます。

相続争いは往々にして、気持ちが伝わらないことによるすれ違いから起きてしまうものだからです。

事務的な遺産の分配は、公正証書の遺言書に書き記し、想いの部分は映像で伝えるという方法は、これからの時代に合ったニーズであり、最強の遺言書になります。

心のこもった最後の贈り物として、考えてみるのもいいかもしれませんね。



こちらの記事も読まれています。


\ SNSでシェアしよう! /

50代からの終活、家族のためにしておきたいことの注目記事を受け取ろう

遺言7

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

50代からの終活、家族のためにしておきたいことの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 海外の終活事情はどうなっている?日本との違いは?

  • 自筆証書遺言の書き方!無効を防いで確実にするには?

  • 人生100年時代到来!健康で長生きする秘訣とは?!

  • 孤独死は他人事ではない!?おひとりさまの終活を考える!

関連記事

  • なぜ今「終活」なのか!50代からの終活は早い?遅い?

  • 認知症に備える終活!成年後見制度って知ってる?

  • 終活をする芸能人。本気で始めている人がいっぱい!

  • 延命治療を拒否したら苦しむ?気になる人間の最後の状態!

  • 終活でのエンディングノート、その書き方で大丈夫?

  • 遺言書に対する親の誤解や勘違い対処方法!