1. TOP
  2. 50代
  3. 書かずにはいられない遺言書~離婚・再婚編~

書かずにはいられない遺言書~離婚・再婚編~

遺言書4

今の時代、離婚・再婚は珍しくありません。
その分、問題も多く発生しています。

子供のいない夫婦に次いで、面倒なのがこの再婚家庭の相続問題です。
現妻と先妻の子という微妙な関係から、泥沼の相続争いなってしまうことは多々あるのです。

では、再婚家庭での相続をシュミレーションしてみますね。

 

再婚家庭の相続でいったい何が起こるのか

一人息子を残して夫が死にました。
(いつも夫ですみません。わかりやすいので)
夫名義の家と土地と、わずかばかりの預貯金があります。

法定相続分は妻と子で2分の1ずつですが、子供がまだ未成年なので、妻は家と土地の名義を妻名に変えます。
後々、子供が相続するので問題はないはずでした。

ところが夫は再婚だったことを妻は思い出します。
そう言えば、先妻との間にも一人息子がいると聞いたことがあるようなないような……。

はたして、家と土地の名義を変えるのに、先妻の子との遺産分割協議が必要だと言うじゃないですか!

夫と出会うはるか昔の話だったので、妻は先妻を知りませんしその子供に会ったこともありません。
どこにいるかもわからないのです。

凍結されてしまった夫の通帳を解約するのにも、先妻の子の署名捺印が必要です。
そしてその子に、法定相続分を支払わなければならないのです

先妻の子の相続権

たとえ会ったことがなくても、どこにいるかわからなくても、先妻の子に相続権はあります。
交流がないために忘れていて、相続が発生して初めて大慌てすることはとても多いのです。

この場合の法定相続分は、現妻に2分の1、現妻の子と先妻の子に4分の1ずつになります。

計算をしてみると、先妻の子の法定相続分は数百万になることがわかりました。
先妻の子が相続放棄をしてくれたらいいのですが、数百万を目の前にしてあっさり放棄するとも考えられません。

どのような経緯で離婚したかわからなくても、いい関係ではなかったから別れた訳で、遺恨もあるでしょう。
この際に、恨みを晴らそうとしてくる恐れもあります。

それでも現妻は、先妻の子と接触しなければにっちもさっちもいかないのです。
現妻はこれからの関わりを避けるためにも、家と土地を売って清算する覚悟をしました。

先妻の子に連絡しなかった場合

再婚後に築きあげた財産を、見知らぬ相手に持って行かれるのは納得できない!
そう思うのは当然です。

でも放置していては、話はさらにややこしくなります。
例えば、先妻の子がすでに家庭を持って子供がいた場合。
放置している間に先妻の子が亡くなってしまうと、さらにその子供に相続権が発生してしまうのですから。

現妻は、自分の子を守るためにも、決着をつけなければいけないのです。

連れ子の相続

夫との子がいなくて現妻の連れ子がいるというパターンもあります。
この場合の相続権は連れ子にはありません。

ですが、養子縁組をすれば養子としての相続権があります。

相続財産が減るからと、子供たちに再婚を反対されるなんてことも、わりとよくあるパターンです。

 

先妻との間に子供がいる時は是非遺言書を!

遺言書は、故人の財産だけでなく想いまでも伝えられる大切な遺志です。
現妻と先妻との子が争わないですむように、遺言書を遺してあげて欲しかったですね。

ただし、遺言書があれば問題は少なくなりますが、先妻の子には「遺留分」を請求する権利があります。
そのことを、あらかじめ考えておくことも必要です。

家族が納得する相続を、元気な時にしっかり考えておきましょう。
それが「終活」です。

 

「書かずにはいられない遺言書~離婚・再婚編~」のまとめ

自分の財産は、今一緒に住んでいる家族が相続するものだと思いがちです。
ですが、離婚・再婚で家族関係が複雑になると、相続も複雑になると覚悟しておいてください。

誰が相続人になるかを洗い出し、家族にそれを話ておきましょう。
そして家族のためにも是非遺言書を公正証書にして遺しておきましょう。

死後に、家族が見知らぬ相手と相続争いをしなければいけないなんて、辛いですから。



こちらの記事も読まれています。


\ SNSでシェアしよう! /

50代からの終活、家族のためにしておきたいことの注目記事を受け取ろう

遺言書4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

50代からの終活、家族のためにしておきたいことの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 海外の終活事情はどうなっている?日本との違いは?

  • 自筆証書遺言の書き方!無効を防いで確実にするには?

  • 人生100年時代到来!健康で長生きする秘訣とは?!

  • 孤独死は他人事ではない!?おひとりさまの終活を考える!

関連記事

  • 老後は海外へ!?憧れの海外移住を考える

  • 遺言書に対する親の誤解や勘違い対処方法!

  • 終活としてのアルバム整理、捨てられない写真をどうする?

  • 認知症に備える終活!成年後見制度って知ってる?

  • 死後の手続きを知っていますか?まずは届け出関係から

  • 終活で逝き方を考える、延命治療と尊厳死