1. TOP
  2. 50代
  3. 終活としてのアルバム整理、捨てられない写真をどうする?

終活としてのアルバム整理、捨てられない写真をどうする?

写真1

終活の中で、一番興味を持ちやすく、手をつけやすいのは生前整理や断捨離です。
増えすぎたモノを捨てて、身の回りをスッキリさせることは、遺された家族の負担を減らすと同時に、自分の生き方を見つめ直すきっかけにもなります。

わたしも、母の遺品整理の大変さから終活に興味を持ち始めました。
そして、終活は元気な時にしておかないと、間に合わないぞという危機感を感じています。

今、一番の悩みはアルバムの整理です。
書棚の一角を占領するアルバムと膨大な写真の数々を、いったいどうしたらいいのかと、考えただけで頭が痛い……。

でも、遺族が困る遺品の第1位は「写真」。
放っておくわけにもいきません。

今回はそんな頭痛の種、アルバム整理について考えてみました。

 

捨てにくい写真をどう扱ったらいいの?

写真の整理をしようとアルバムを広げると、懐かしさでついつい見入ってしまいます。
いやいや断捨離だ断捨離!と、心を鬼にしてみても、大切な人達が写っている写真は、どれもこれも宝物なんです。

捨ててしまったら、あの時の思い出が消えてしまう。
そんな気持ちになってしまいます。

だって、この写真を撮ったあの時には、もう二度とが戻れないから。

心がまえ

大切な思い出は捨てられない、残しておきたい。
だけど、自分がいなくなった後の「わたしの思い出」は誰のものでしょう?

家族のものですか?
友人たちのものですか?

いいえ、自分のものなんです。
そしてそれは、あの世へは持っていけません。

あなたの心を重ねた写真が多ければ多いほど、遺族は大きな悲しみと負担に苦しみます。
そうさせないための生前整理であると、心を奮い立たせましょう。

ミニアルバムを作る

厳選した写真でミニアルバムを作るのはどうでしょうか。

まず、似たような写真はキッパリ処分。
ピンボケや、背景がよくわからないものも、サクっと断捨離。

厳選するコツは、他人が見てもわかりやすいもの。
たとえば、自分を知らない人が見ても、自分らしさが伝わるようなものです。

写真には、年齢と、どんな時に撮ったのかというコメントをつけるといいですね。

誰かに見せるためのミニアルバムを作って、身近に置いておくのです。

いつか年老いて、入院生活をするようになった時、話のきっかけになったり、あなたを支えてくれたりするかもしれません。

どれだけ残す?

一つのイベントに対して1枚の写真。
旅行であれば1枚から3枚まで。

これくらいの心づもりで写真を厳選してください。

旅先で撮った思い出のでの風景や、食べ物などはオリジナリティがありません。

優先するのは自分らしさです。

ネガは不要

実はわたし、ネガも大事に取っています。
だけど良く考えたら、写真の複製なんて今の時代簡単にできますよね。
プリンターでコピーだってできますし。

だいたいネガに何が写っているのか、ほとんどわからないと思うのです。

ネガは、心置きなく捨てられそうですね。

 

「終活としてのアルバム整理、捨てられない写真をどうする?」のまとめ

写真のデジタル化という話もありますが、全ての写真をスキャンするのはとんでもなく大変です。
業者に頼むと、それなりの費用もかかります。

わたしはそれより、お気に入りの小さなアルバムを見つけて、お気に入りの写真だけを入れたミニアルバムを、二つ作る予定です。

一つは時々わたしを思い出してもらうためのもの。

もう一つは、棺に入れてもらいたいと思っているのです。

思い出を整理しながら、心も整理できそうな気がしています。



こちらの記事も読まれています。


\ SNSでシェアしよう! /

50代からの終活、家族のためにしておきたいことの注目記事を受け取ろう

写真1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

50代からの終活、家族のためにしておきたいことの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 海外の終活事情はどうなっている?日本との違いは?

  • 自筆証書遺言の書き方!無効を防いで確実にするには?

  • 人生100年時代到来!健康で長生きする秘訣とは?!

  • 孤独死は他人事ではない!?おひとりさまの終活を考える!

関連記事

  • きちんと知っていますか?お葬式マナー香典編

  • 法要の不思議!四十九日は裁きの日!?

  • 親の終活!気持ちよく遺言書を書いてもらうには?!

  • 老後のゆとりのために、リバースモーゲージという選択

  • 書かずにいられない遺言書~内縁の妻(夫)編~

  • 人生100年時代到来!健康で長生きする秘訣とは?!