1. TOP
  2. 50代
  3. ペットのための終活、ペットに遺産を残す方法

ペットのための終活、ペットに遺産を残す方法

ペット信託1

自分の死後、ペットが取り残されたらどうしよう……。
そんな不安を感じたことはありませんか?

引き続き、お世話をしてくれる家族がいれば安心です。
でも、突然ペットを渡された相手が、自分と同じように愛情を持ってくれるかどうかはわかりません。

動物アレルギーの場合もあるでしょう。
ペットを飼える環境ではない場合もあるでしょう。
財産は欲しいけど、ペットは財産じゃない、なんて言われるかもしれません。

世話の仕方がわからなかったり、相性もあります。
エサの好みとか、散歩の内容など、引き継ぎたい事項もたくさんあります。

それらをエンディングノートに書いたり、家族に念を押したりしていたのに、相続の手続きが終わった途端に殺処分されたというケースも、珍しくはないそうです。

我が家にも溺愛しているお猫様がいます。
万一、家族が出先で事故に遭って帰れなかったらなんて、考えただけで寒気がします。

ペットの終活も、しっかり考えておきたいと思いました。

 

ペットに遺産を残す方法

ペットに直接遺産を渡すことは、もちろんできません。
ですが、ペットをお世話してくれることを条件にして、その人に遺産を譲ることはできます。

負担付遺贈

たとえば一人暮らしの高齢者であれば、「自分にもしものことがあった時には、猫を飼い続けることを条件にして、知人に家と財産を譲る」という遺言書を作成したとします。
これを「負担付遺贈」といいます。

高齢者の方は安心して、ペットと共に今を生きることができますね。

注意しなければいけないのは、法定相続人の「遺留分」です。
ペットのために、何もかもを知人に譲ることで遺留分を侵害していた場合、相続人は家庭裁判所に「遺留分をよこせ」と申し立てるかもしれません。

おひとりさまであれば、その心配はありませんが、法定相続人がいる時は気をつけましょう。

ペット信託

面倒ではありますが、さらに安心したい時には「ペット信託」という方法があります。

たとえば上記の高齢者の方の場合、ペットを飼ってくれる知人と高齢者の間に、第三者を挟む方法です。
第三者は、ペット信託を請け負う会社であったり、ペット信託を支援してくれる士業の方だったりします。

ペットの餌代や飼育費用を、この第三者に委託して、知人に対しては毎月飼育費用が支払われます。
飼育が適切であるかどうかは、第三者がチェックします。

第三者に支払う契約金も考えておかなければいけません。
また、契約がどの時点で終了するのか、遺産を残してペットが死んだらどうするのかも、契約書には盛り込まれます。

委託された財産は、相続から除外されるので、遺留分の心配もありません。

遺言書と違うところは、飼い主が生きていても利用できるところです。

高齢で病気になった時や、認知症でペットの飼育が困難になった時でも安心です。
ちょっと面倒なのが玉に傷ですね。

日本ではまだまだ浸透してしないペット信託ですが、主に行政書士事務所などが推進しています。
お任せするのも一つの方法です。

 

ペットのための終活、ペットに遺産を残す方法まとめ

家族と同じように、愛情をこめてかわいがってきたペットの行く末は、考えただけでも眠れなくなりそうです。

万一何かがあっても大丈夫と思える準備をしておけば、ペットとの生活はもっと充実するのではないでしょうか。

「終活」とは、不安なく今を生きるためのものであると、改めて感じました。



こちらの記事も読まれています。


\ SNSでシェアしよう! /

50代からの終活、家族のためにしておきたいことの注目記事を受け取ろう

ペット信託1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

50代からの終活、家族のためにしておきたいことの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 海外の終活事情はどうなっている?日本との違いは?

  • 自筆証書遺言の書き方!無効を防いで確実にするには?

  • 人生100年時代到来!健康で長生きする秘訣とは?!

  • 孤独死は他人事ではない!?おひとりさまの終活を考える!

関連記事

  • 50代の終活は相続も考えたい!愛する家族が争わないために!

  • エンディングノートって何?まず何を書く?

  • 親の終活!気持ちよく遺言書を書いてもらうには?!

  • お墓の多様化時代到来!最新お墓の風景

  • 認知症に備える終活!成年後見制度って知ってる?

  • 孤独死は他人事ではない!?おひとりさまの終活を考える!