1. TOP
  2. 50代
  3. 今さら聞けない!?お葬式の服装マナー!

今さら聞けない!?お葬式の服装マナー!

お葬式3

お葬式やお通夜の服装って、意外と悩みませんか?

以前はお通夜は、遺族以外は喪服でなくてもいいとされていたものが、最近ではほとんどの人が喪服で訪れるようになっています。
どちらが本当なのでしょうか?

寒い地方での葬儀で、喪服用コート以外の上着はいけない?
夏のつらい暑さにも上着を着なければいけないの?
子供はどうすれば?
髪型にもマナーがあるの?
黒い服だったらなんでもいいの?

そんな、今さら聞きにくいけど判断に迷うようなことを調べてみました。

 

喪服はなぜ黒い?

実は、日本古来の喪服の色は白でした。

平安時代の「白」は神聖な色とされ、最高位の扱いだったのです。
お葬式を神聖なものとして、個人への最高の敬意を示すために白を身に纏ったとされています。

武家社会になっても白装束は喪服とされています。
切腹のシーンでは白の紋付き袴がよく見られますよね。

明治維新をきっかけに、欧米諸国の影響で洋装のブラックフォーマルが主流になったのです。

今でも白装束は正式な喪服です。
中村勘三郎さんの奥様が、葬儀で美しい白喪服を着られていたことを覚えていられる方もいるのではないでしょうか。

地域によっては、嫁入り道具で白喪服を持参する風習も残っているそうです。

 

お通夜と告別式で服装は違うのか

通夜は「急な訃報に慌ててかけつけました」という意味で、平服で参列するのがマナーだとされていました。
ですが最近は、電話などの連絡網の発達により時間的な余裕があるために、ほとんどの方が喪服で訪れます。
また、仕事の都合などで葬儀に出られないため、お通夜に参列する人も多くなっています。

マナーだと思って、わざわざ地味な平服でお通夜へ行ったら浮いてしまったという経験もあるのではないでしょうか。
時間的に余裕があるのなら、喪服のほうがいいかもしれません。

ただし、仕事帰りに駆けつけるような時は、平服でもマナー違反ではありません。

通夜での平服とは

平服といっても普段着というわけにはいきません。
できるだけダークカラーのスーツで、カジュアルにならないように気を付けましょう。

ビジネスシーンでの服装が平服と思ってください。

本当に急に駆けつけなければいけない場合、お通夜であれば私服でも構いません。

直装や無宗教の場合

最近増えている直葬ですと、火葬後にお悔やみに駆けつける形になります。
その場合は、平服のダークカラースーツが無難です。

無宗教の場合は仏式に近い葬儀になることが多いので、喪服で参列するといいでしょう。

 

葬儀での服装マナー

もともとは、遺族が喪に服するための服装が「喪服」です。
戦後の冠婚葬祭マナーの普及により、参列者も喪服を着用するようになりました。

喪主や遺族は「正喪服」または「準喪服」を着用します。
参列者は「準喪服」か「略喪服」を着用します。

くれぐれも、参列者が遺族よりも格の高い「正喪服」を着用しないよう気を付けましょう。

正喪服とは

正喪服は最も格式の高い喪服です。
喪主、または葬儀委員長、配偶者が着用します。
喪主が若い方の場合は、準喪服でも構いません。

和装が正式な正喪服となりますが、最近では洋装がほとんどです。

男性の場合

黒のモーニングコートが正喪服になります。
燕尾服やタキシードは夜用の正礼装になるので、葬儀やお通夜で着用されることはまずありません。

和装やモーニングコートなどは、葬儀社がレンタルしてくれることもあるので相談されるといいでしょう。

最近の傾向としては、喪主であってもブラックスーツを着用することが多いようです。

女性の場合

女性が喪主、または喪主の妻であった場合、正喪服として黒の和服をよく見かけます。
こちらもレンタルで用意されていることがほとんどです。

男性のモーニングコートに対し、女性の昼間の礼装はアフタヌーンドレスになりますが、日本では黒のワンピースかアンサンブルが一般的です。

パンツスーツは準喪服の扱いになるので、喪主や遺族の場合は避けた方が無難です。

準喪服とは

準喪服はもっとも一般的な喪服です。
喪主、遺族、参列者も喪服として着る機会が多いのが準喪服です。

男性はブラックスーツで、ネクタイ、靴下、靴を黒で統一します。

女性は黒のワンピースやスーツ、アンサンブルで、いわゆるブラックフォーマルと呼ばれるものです。

準喪服としての和装もありますが、近年はほとんどの人が洋装です。

略喪服とは

ドレスコードの平服にあたる、地味めな装いが略喪服になります。

男性はダークスーツ。
女性は地味なワンピースやアンサンブルなどです。

仮通夜や三回忌以降の法要で着用するようになります。

略式とはいえ、カジュアルにならないように気をつけましょう。

 

こんな時はどうするの?お葬式の服装マナー

子供の喪服は?

学生の間は、制服が正式な礼装になります。
わざわざ喪服を用意する必要はありません。

制服がなければ、白いシャツや、黒、グレー、紺色などの地味めな服装を心がけましょう。

赤ちゃんや乳幼児は、できるだけ参列させないことがマナーです。
ですが、かわいがっていたおじいちゃん、おばあちゃんであれば、最後のお別れをするのは故人のためにもなります。
その場合は、地味な色合いで無地であれば、ベージュや水色などのパステル系でも構いません。
何が何でも黒やグレーにこだわらなくてもいいでしょう。

カジュアルなイメージの強いデニム地は、着用を避けるように気を付けてください。

冬の葬儀はどうする?

雪が降るような真冬の葬儀は、行き来だけでもつらいものです。
保温性のある下着や、薄手のセーターを喪服の下に着る人も多いでしょう。
また、厚手のタイツで防寒することはマナー違反ではありません。

足元がびしょびしょになるような悪天候の場合は、長靴やブーツでも構わないのです。

コートの色は、黒、紺、ダークグレーで、毛皮や革、ダウンはマナー違反だとされています。

ですが、最近では黒のダウンジャケットを着ている人をよく見かけます。
光沢のあるものでなければ、ダウンは大丈夫そうです。

手持ちのコートが斎場で目立ちそうな場合は、入口に入る前に脱いで、クロークなどに預けておきましょう。

毛皮や革、スェード、フェイクファーのコートや上着は、葬儀にはふさわしくありませんので、避けてくださいね。

厳密なルールはありますが、寒さを我慢して体調を崩しては、かえって迷惑をかけてしまいます。
寒さ対策は、できる範囲でしっかりとしておきましょう。

夏の葬儀はどうする?

喪服には大抵、長袖の上着がついています。
真夏の葬儀で、暑くて脱ぎたくなる気持ちになりますが、葬儀中は我慢してください。

斎場の中は寒いくらいに冷房が効いていますので、かえって上着があった方がいいくらいでしょう。

女性は特に、肌の露出は控えます。
ワンピースタイプの喪服であれば、肘が隠れるくらいの袖丈を選んでください。

年々暑くなって行く夏に、斎場ではなく一般家庭での葬儀は辛いものがあります。
夏用のブラックフォーマルは、できれば用意しておきたいものですね。

葬儀の髪型マナー

意外と見落としがちなのが髪型です。
実は髪型についても気をつけたいマナーがあるのです。

女性の場合

肩より長い髪はできるだけまとめましょう。
派手な髪飾りはもちろんNGです。

耳より上でまとめるのは慶事の時なので、葬儀では耳より下でまとめます。
顔にかかるようなおくれ毛もいけません。

男性の場合

男性は清潔感を心がけます。
ワックスやジェルを使うことはいいのですが、テカテカにならないようにしてくださいね。

ヘアスプレーの香りの強いものも、周囲の迷惑になるので気をつけましょう。

 

「今さら聞けない!?お葬式の服装マナー!」のまとめ

喪服でもっとも大切なことは「故人への哀悼」を表すことです。
参列者であれば、遺族の気持ちを考えながら、お悔やみの気持ちを表します。

葬儀に対する考え方は、時代時代で変化してきています。
それぞれの状況、場面で、その場にふさわしいかどうかを判断し、心残りのないお別れをしたいものですね。

\ SNSでシェアしよう! /

50代からの終活、家族のためにしておきたいことの注目記事を受け取ろう

お葬式3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

50代からの終活、家族のためにしておきたいことの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 海外の終活事情はどうなっている?日本との違いは?

  • 自筆証書遺言の書き方!無効を防いで確実にするには?

  • 人生100年時代到来!健康で長生きする秘訣とは?!

  • 孤独死は他人事ではない!?おひとりさまの終活を考える!

関連記事

  • 相続の基本!相続人と相続財産の割合を知っておこう!

  • なぜ今「終活」なのか!50代からの終活は早い?遅い?

  • 遺言書に対する親の誤解や勘違い対処方法!

  • 終活をする芸能人。本気で始めている人がいっぱい!

  • 知っておきたい死後の手続き!保険・税金編

  • 終活でみる男女の差!女性は終活にハマりやすい?