1. TOP
  2. 50代
  3. 生前整理のすすめ、その着物、美術品、誰が引きとる?

生前整理のすすめ、その着物、美術品、誰が引きとる?

断捨離2

わたしが終活に興味を持ったのは、母の遺品整理がとても大変だったからです。
実は今でも、引き受けた母の遺品たちをどうしていいかわからないまま。

着る機会のない着物。
その価値がよくわからないアクセサリー。
普段使いにしにくい陶芸品。

中には、どこかへ旅行したときの記念品らしい、母の写真入り飾り皿もあります。
これらを捨てるに捨てられず、引き出しや納戸の中にしまい込んでいるのが現状なのです。

もしわたしがいなくなったなら、わたしの遺品だけでなく、母の遺品整理までしなくてはいけなくなる家族は、やはり大変な目に遭うでしょう。
だったら今、自分の代でこれらを生前整理しておきたいと思うのです。

 

何から始める?

生前整理は断捨離とは少し違います。
自分の持ち物を、家族にどう託すかを整理することです。

それにはやはり、要らないものを捨てることから始めます。

まずは断捨離

不用品の断捨離で、まず一歩を進めましょう。

わたしはかつて転勤族でしたので、引っ越しの度に強制断捨離をしてきました。
今は自宅があるので、うっかりするとすぐにものが溢れてきます。

まずは自分の身の回りのものを見渡してみましょう。
使っていないもの、着ていない服、何が入っているかもわからない引き出しがありませんか?

あきらかな不用品は、案外すっぱりと断捨離できます。
困るのは「高価だったけど使っていないもの」ですね。

このさい「もったいない精神」も断捨離しましょう!

「いつか役立つかもしれない」「いつか誰かが使ってくれるかもしれない」の「いつか」はやっては来ないのです。

わたしは今、捨てるには惜しい服やCDを、フリマアプリやオークションなどに出品しています。
意外と売れるので楽しいですよ。

残しておきたいものの選別

高価なアクセサリーや、中には美術工芸品をコレクションしている方もいらっしゃるかもしれません。
これらはさすがに燃えないゴミにも出せないですし、オークションに出すのも気が引けますね。

資産価値のあるものは、エンディングノートなどに書き残しておきましょう。

例えば「この指輪はいくらで買ったので、長男のお嫁さんに受け取って欲しい」など、具体的に記しておくといいですね。
また、同じ趣味の仲間に引き取ってもらいたい時には、その連絡先なども書いておきましょう。

一度に進めない

心を鬼にしてまで、断捨離を進める必要は全くありません。
人間どうしたって迷うことはあります。

迷った時は、一時保管場所を作ってみるのはどうでしょうか?
時間を置いてみると、「やっぱりこれいらないわ」となることもあります。

時間をかける。
そのための生前整理なのですから。

資産整理

一時期、リゾートマンションブームなんてものがありました。
ちょっとした別荘をお持ちの方もいるのでは?

または、税金対策に土地を買ったなんて人もいるかもしれません。

それらは今でも、資産価値があるでしょうか?
今住んでいる自宅は、将来誰かが住む予定があるでしょうか?

流行したリゾートマンションは古くなり、売りたくても売れない状況だと聞きます。
現在の資産価値に照らし合わせて、不動産が負動産になっていないかを検討してみてください。

必要があれば、自分の代で手離す勇気も大切です。

家族と相談しながらすすめる

「アクセサリー類はこのケースの中だから、仲良く分けてね」
「着物は着ない?じゃあ、棺に入れてちょうだい」

そんな会話を冗談交じりにしながら、家族と進める生前整理だと、案外楽しみながらできるかも。

 

「生前整理のすすめ、その着物、美術品、誰が引きとる?」のまとめ

年齢が上がるとともに、身の回りのものは増えていく傾向があります。
それは単純に、片づけたり整理したりする体力が衰えていくからです。

やがてくる、自分の死。
その後に残るものは、いらないものばかり。
なんてことにならないように。

50代の今からでも、もっと早くからでも、余分な物を持たない習慣を身につけておきたいですね。

そしてスッキリした空間で、気持ちのいい老後を過ごしたいものです。



こちらの記事も読まれています。


\ SNSでシェアしよう! /

50代からの終活、家族のためにしておきたいことの注目記事を受け取ろう

断捨離2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

50代からの終活、家族のためにしておきたいことの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 海外の終活事情はどうなっている?日本との違いは?

  • 自筆証書遺言の書き方!無効を防いで確実にするには?

  • 人生100年時代到来!健康で長生きする秘訣とは?!

  • 孤独死は他人事ではない!?おひとりさまの終活を考える!

関連記事

  • きちんと知っていますか?お葬式マナー香典編

  • ペットの終活、介護状態になったときの心構え

  • 夫に先立たれた妻の老後はどうなる?遺族年金を考えてみよう

  • 書かずにいられない遺言書~内縁の妻(夫)編~

  • おひとりさまの終活、終の棲家をどうする?

  • 住まいの終活、この家でずっと住み続けられますか?