1. TOP
  2. 50代
  3. 終活でみる男女の差!女性は終活にハマりやすい?

終活でみる男女の差!女性は終活にハマりやすい?

男女差1

今、一番終活に興味を持っているのは、60歳代から70歳代の方たちだと思います。
いわゆる団塊の世代で、わたしたちよりは少し年上の方たちですね。

この世代の女性が特に終活にハマり、今のブームを引っ張っているのだとか。
そして彼女たちの終活の一つに「夫と同じ墓に入りたくない」という目的があるのを知っていますか?

この主張に対して男性たちは「全く理解できない」というのも面白い話ですね。

わたしは納骨堂という選択をしていますのでその心配はありませんが、確かに夫側のお墓に入るのは抵抗があります。
だって、先祖代々のお墓なんて、知らない人ばかりですもん。

そんな、男女の感覚の違いをみながら、今一度「終活」を考えてみたいと思います。

 

終活の取り組み方で見る男女の違い

一口に「終活」といっても、取り組む内容は様々です。

葬儀費用の準備やエンディングノートの記入、相続や資産分配が心配で行う終活も多いと思います。
それぞれに、終活に対する男女の意識の違いがありました。

活動内容の違い

活動内容の男女の違いでみると、女性は「エンディングノートの記入」が多く、男性は「自分のルーツや家系図のとりまとめ」に夢中になる傾向があるようです。

女性は、残された家族への想いを綴り、伝えておきたいことや残したいことを書き留める一方で、男性は「家」や「家長」としての責任感や、自分自身を振り返りたい欲求があるのでしょう。

終活への意識も、女性は子供へのメッセージ性が強く、男性は妻や家族全体への責任感から取り組んでいるのだと思われます。

取り組む理由

女性は「遺族に迷惑をかけたくない」から。
男性は「自分自身を振り返りたい」から。

ここにも明確な違いがあります。

実の親や儀両親の介護をしたり看取ったりする中で、遺品整理をするのは主に女性です。
物をため込んでいる親世代を見て、自分は子供にこんな負担をかけさせたくないと、切実に考えたのでしょう。
まさしくわたしは、このパターンです。

男性は、終活で自分の人生を振り返ったり、自分のルーツを探求することに興味があるようです。

責任感の差

お墓参りに関する意識調査では、男女ともに「自分のお墓のことで子や孫に迷惑をかけたくない」ということが共通して関心の高いテーマでした。
ですがここにも、微妙な男女差があります。

男性が「自分がお墓を守らなければいけない責任感を感じている」一方で、女性は「自分の入るお墓のことを考えると憂鬱になる」と回答しているのです。

「散骨」や「永代供養」を望む声は、女性の方が多いというアンケート結果も、こういう意識の違いからなのだと思われます。

 

 

「終活でみる男女の差!女性は終活にハマりやすい?」のまとめ

「終活」に対する意識の違いから、男女で取り組み方が違ってしまうという結果がでました。

相談する相手も、男性は「妻」と答える人が多いのに対して、女性は「子供」と「友人」と答えています。
それぞれ違う方向を向いているのですが、終活の最終的な目標は「よりよく人生を終えるために準備・活動をする」ことです。

実は、責任感や感覚の違いはありますが、共通する気持ちもはっきりしています。
それは、楽しみながら「終活」をすること。

「終活」に、ネガティブな感じを受けている人はいません。
残された人生をどうやって自分らしく過ごすかを、考えながらの「終活」は、きっと実りのあるものになるでしょう。

男女が考え方の違いを理解できないからと対立したり、諦めたりするのではなく、一緒に考えていきたいテーマになるといいですね。



こちらの記事も読まれています。


\ SNSでシェアしよう! /

50代からの終活、家族のためにしておきたいことの注目記事を受け取ろう

男女差1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

50代からの終活、家族のためにしておきたいことの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 海外の終活事情はどうなっている?日本との違いは?

  • 自筆証書遺言の書き方!無効を防いで確実にするには?

  • 人生100年時代到来!健康で長生きする秘訣とは?!

  • 孤独死は他人事ではない!?おひとりさまの終活を考える!

関連記事

  • 終活をする芸能人。本気で始めている人がいっぱい!

  • お墓の多様化時代到来!最新お墓の風景

  • 遺言書の最強タッグ!ビデオ付き遺言の時代が来る?!

  • 50代終活に遺言書は必要か?まずは遺言書の基本を知ろう!

  • 終活でのエンディングノート、その書き方で大丈夫?

  • 終活の落とし穴!遺言書がトラブルの元に!?